使用済み乾電池等広域回収処理事業


会員市区町村で、一般廃棄物として分別収集している使用済み乾電池(筒型1次電池のみで、2次電池やボタン型電池などは除く。)及び使用済み蛍光管等について、「使用済み乾電池等の広域回収・処理計画」を作成し、昭和61年度(使用済み蛍光管等は平成11年度)より「広域回収処理事業」として開始しています。平成27年3月末現在の実績は、下記のとおりになります。

  • 使用済み乾電池等広域回収処理連絡会登録団体数 595団体(延931市区町村)
  • 処理実績(昭和61年度からの累計) 203,917トン(使用済み乾電池168,299トン,使用済み蛍光管等35,618トン)

水銀回収実績、処理団体数及び処理量の推移

使用済み乾電池・蛍光管のリサイクル

使用済み乾電池等の広域回収・処理計画説明資料(※会員のみ閲覧可能)


平成26年度使用済み乾電池等の広域回収・処理計画実施状況報告









 COPYRIGHT(C)2005 JAPAN WASTE MANAGEMENT